『151絵展-2024』出展作品を募集します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年に引き続き、『一期一会』にかけて公募展『151絵展』を開催します。

【コンセプト】
「私の作品はあまり売れないんですよ」と嘆いている作家に限って、他人の作品を買ったことがない人が多いように思います。自分の絵もろくに売れないのに、他人の作品を買う余裕なんてないですよと思っている画家も少なくありません。しかし、他人の作品を買って得る感情や、購入後の対応などを学んだり(反面教師も含む)することができます。また、アートのメッカでもあるニューヨークでは、人気になる前の画家たちが作品を購入しあって、誰かが売れると自分が購入した作品も価値が上がるという保険術もあると聞きます。
そこで、展示を兼ねて画家同士の作品を購入し合うという実験をしてみたいと思います。

参加資格
年齢、キャリア、作風は不問。
ただし、個展やグループ展やオンラインで、3万円以上の作品を販売した実績がある方に限ります。
また、出展されたいずれかの作品を必ず購入する意志のある方に限ります。
(購入権は独自のルールに従っていただきます)

価格設定
不平等が出ないように一律、税込15,100円 とします。
新作でも旧作でもOKですが、明らかに普段は1.5万円以下で販売している作品はNGです。
過去に高値で販売していたが在庫になっている作品ならOKです。

出展点数
基本は1点ですが、出展作家が少ない場合は2点でも可とします。
複数点セットで税込15,100円でも可とします。平面でも立体でも可。額装も可。
サイズは基本的に自由ですが、スペースが小さいのであまりにも大きいものはお断りする場合があります。
(0号〜12号くらいまで)

出展参加費用
0円。

マージン(販売手数料)
出展作家同士の売買・・・作家 70% : ギャラリー30%
一般購入者への売買・・・作家 50% : ギャラリー50%
オンラインでの販売手数料は、 作家60%: ギャラリー40% ←(売約作品は基本的に着払いで発送します)

販売・購入ルール
作家同士で欲しい作品を選んでいただきます。
複数点出展されている作家の作品は、一般のお客様もご購入いただけます。
相思相愛を優先しますが、それ以外は一番人気の方から選び、指名された方が次に選ぶという、プロ野球の現役ドラフト方式とします。(複数点出展している場合は余ることがあります)

図録
通常通り1000円で一般販売しますが、出展者には1冊無料で差し上げます。
0号展と同様、展覧会後のリリースとなります。
ただし、出展作品が15点を下回る場合、図録の発行を見合わせる場合があります。

応募締切・2023年6月23日(日)

申し込みの流れ
【1】応募方法・ZINE galleryのSNS(Twitter・Instagram)のアカウントのダイレクトメッセージに以下をを送ってください。
○お名前(作家名/本名)
○過去に3万円以上で作品を販売実績のある作品の情報(写真・サイズ・当時の価格)
○今回出展予定作品の情報(写真・サイズ・技法・制作年)

※後日、SNSで出展予定作家として紹介の際に使用させていただく場合がありますが、もちろん本名は公表しません。
【2】応募期限で作品点数が微妙にキャパオーバーした場合、審査のうえ落選する場合があります。
※逆に、かなりの点数になった場合は、会期(または会場)を分けて展示することも検討します。

作品搬入は郵送のみ。以下の場所へ、7月5日() に必着(時間指定無し)

作品発送先636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠10-8 松本ビル3F
      株式会社アックスフィールド  Tel.0744-34-0086

 

在廊希望される方はお申し出ください。
(在廊はあくまで希望制です)

概要
会期・2024年7月12日(金)・13日(土)・14日(日)・19日(金)・20日(土)・21日(日)の6日間。

会場・ZINE gallery

※8月10日前後までオンライン通販する予定です。

 

その他
※売れた作品はその場でお持ち帰りいただく場合がありますが、郵送する場合の送料は、着払い(お客様負担)となります。
※DMは希望者にのみお渡しします。
※展示場での写真撮影及びSNSの投稿はOKとします。

出展作家 よくある質問

【Q1】在廊はした方がいいですか?
【A1】あくまで各作家の希望制です。在廊希望される方はお申し出ください。

【Q2】キャプションは自分で作って行けばいいのですか?
【A2】作品リストはギャラリー側で作りますので不要です。

【Q3】作品が傷つけられたり盗まれたりしたら責任をとってもらえますか?
【A3】現場では細心の注意をはらいますが、作品に対する補償はありません。
(過去の展示では、そういった被害はありません)

【Q4】作家個人の名刺や今後予定している展覧会のDMなどは置いてもらえるのですか?
【A4】はい。自由に持ち帰りいただける形で設置いたします。作品と同封して送ってください。
ただし、個々の感想ノートの設置は不可。

【Q5】奈良県に発送せず、京都のギャラリーに郵送してもいいですか?
【A5】不在の場合が多いので郵送は不可ですが、搬入日に合わせて直接の持ち込みはOKです。
ご希望の方は、搬入日時をお問い合わせください。

【Q6】一旦申し込みしてからでもキャンセルできますか?
【A6】締め切り寸前や締め切り後のキャンセルは迷惑なのでしないようにお願いします。

【Q7】会期中、他のルートで作品購入希望があった場合はどうしたらいいですか?
【A7】お断り願います。

【Q8】応募時点では作品がなく、これから描くのですが、応募していいのですか?
【A8】はい。期日までに奈良に(郵送で)届けば大丈夫です。
※ただし、応募が多かった場合は完成作品を優先する場合があります。

【Q9】過去に他で展示したことのある作品を出展してもいいですか?
【A9】もちろんOKですが、展示したことのある施設から再展示を禁じられている場合は不可とします。

【Q10】どうしても欲しい作品が無い場合や、好みではない作品でも購入しないといけないのですか?
【A10】そういうコンセプトが「151絵展」ですので、ご理解いただけない場合は参加をご遠慮ください。

【Q11】購入した作品は郵送されるのですか?
【A11】最終日の19:00以降や搬出のタイミングで直接引き取りに来られる方以外は、着払いでの郵送になります。

【Q12】作品が15,100円均一で、どうせ自分にも画料が振り込まれるのだから、予め相殺はできないのですか?
【A12】その方が当方も振り込み手数料はかからないのですが、作家が他人の作品を定価で買うという意識を持っていただきたいので、そのようにしています。
※振り込み手数料のみ、実費を引かせていただきます。
(ゆうちょ=100円、三菱UFJ銀行=110円、三井住友銀行=110円、じぶん銀行=0円、※その他の銀行=275円)

【Q13】一般購入された作品が多く、作家同士が購入する作品がなくなった場合はどうするのですか?
【A13】その作家の別作品を用意いただくか、それが無い場合はオーダーという形で新たに制作していただきます。

【Q14】作品を2点出展した場合は、他の作家の作品も2点買うことになるのですか?
【A14】1点は作家さんが買って、一般の方も欲しいと思われた時に買う作品があった方がいいので出していただくだけで、ルールとして購入いただくのは1点です。
(会期後に売れ残った作品で欲しいのがある場合はご購入いただけます。)

お申し込みは、各SNSのDMからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA